【ライブレポート】「MURO FESTIVAL 2022」 2022.07.23

2022年7月23日(土)、渋谷のライブハウス4会場(Spotify O-EAST/WEST/Crest/duo MUSIC EXCHANGE)で開催されたサーキットフェス「MURO FESTIVAL 2022」 に行ってきました!

見た9バンドのライブレポートを簡単に残しておきます。

「MURO FESTIVAL 2022」 2022.07.23

Maki

「boys & girls」

Spotify O-EASTのトップバッターMaki。「朝で脳みそ起きていない人もいると思うけど俺らがぶち上げてやるから!」と告げて始まった『ストレンジ』では、まっち(Dr)が奏でる強いビートがフロアを揺らす。「まだ起きてないだろ?」「2回目だろ分かるよな?」と山本(B, Vo)の言葉に呼応するように、フロアのテンションがどんどん高まっていった。

個人的に印象的だったのは、3曲目に披露された『boys & girls』。真っ直ぐな演奏に、フレーズごとにコロコロと変化する照明も相まって、幻想的な空間が作られていた。2番サビ後、一瞬の静寂の後に奏でられた佳大(G)のギターソロも圧巻。

フレンズ

「Love,ya!」

ラスト2曲のみ鑑賞。その前がMakiだったのもあり、横ノリの心地よさが際立って感じられた。手拍子あり、ワイパーありのエンターテインメントな空間。メンバーそれぞれが観客1人1人と目を合わせて演奏する姿に、特別な空間を全員で楽しもうとする意志がひしひしと伝わった。

the quiet room

「(168)日のサマー」

7月20日リリースの最新曲『Twinkle Star Girl』でスタートしたthe quiet roomのステージ。ライブ定番曲『Fressy』、夏にピッタリの『(168)日のサマー』と軽快なナンバーが続く。途中、メンバー同士が近づいたり、顔を見合わせて演奏したりと、見ている側がほっこりしてしまう場面もあった。

中盤のMCで、「こんなに集まっちゃっていいんですかね」と顔をほころばせていた菊池(Vo, G)。満員のduo MUSIC EXCHANGEは、クワルーが奏でるポップミュージックによって多幸感に満ちていた。しかし、それだけでは終わらせないのが今のクワルー。最後は『アイロニー』『Instant Girl』とゴリゴリのロックチューンを響かせ、一気に「ライブハウス感」を沸かせてのフィニッシュだった。

LEGO BIG MORL

「RAINBOW」

『ラブソングを聴いてしまった』で、ハンドマイクのカナタ(Vo/Gt)が舞台のスレスレを歩きながら始まったLEGO BIG MORL。今回のセットリストは、「レゴらしい音を鳴らすことを考えて決めた」とのこと。演奏されたのはわずか4曲のみ。しかし、1曲1曲を丁寧に奏でる姿に魅了された人も多かっただろう。カラフルな照明の中で歌われた『RAINBOW』では、フロア一面で手が上がり、ステージとの一体感に包まれる。レゴらしい空間が、間違いなくそこにあった。

KAKASHI

「本当の事」

とにかく熱量の高さを感じたKAKASHI。関(Dr,Cho)と斎藤(Gt,Cho)が向かい合いながら演奏し、中屋敷(Ba,Cho)が独特のグルーヴを生み出す。MCで、「あなたにとってムロフェスが好きな理由の1つになりに来ました」と語っていた堀越(Vo,Gt)。2階に続く階段まで人が溢れたSpotify O-EASTで、その言葉が響いた人はきっと大勢いたはずだ。

GOOD ON THE REEL

「素晴らしき今日の始まり」

千野(Vo)の真っ直ぐな歌声が終始会場に響いていたGOOD ON THE REEL。高橋(Dr)以外の4人がステージ前面に出て始まった『シャワー』では、歌詞の「回して」に合わせてフロア中の手が一斉に円を描いた。爽やかなサウンドに包まれた後は、バラード調の『0』で一気に引き込む。ラストに披露された『素晴らしき今日の始まり』は、今日のフェスが無事に開催されたこと、そして会場に集まってくれた人たちへの感謝を伝えているようにも聞こえた。

Unblock

「サイレン」

「好きな気持ち、大切な気持ちを大事にしながら、一緒にムロフェスを作っていこう」というタグチ (Vo./Ba.) のMCにあわせて、拳がつき上がる光景がフロア一面に見られた。終始力強いビートを奏でるイケベ(Dr./Cho.)、ステージを右へ左へ移動しながらギターをかき鳴らすナカムラ(Gt./Cho.)、3人の熱量がダイレクトに伝わってくる。ラストで歌われた『サイレン』では、ステージとフロアが完全に1つになっていた。

アメノイロ。

「インスタントカメラ」

青い照明が多く使われ、全体的にドラマチックな雰囲気を纏っていたアメノイロ。のステージ。繊細でしなやかな音色が、終始会場に響きわたる。「音楽を始めてからずっと憧れていた場所に今立っています。」とMCで語っていた寺見(Gt.Vo)。彼らの真っ直ぐな音楽は、二度と来ない大切な1日を彩ってくれたことだろう。

現メンバーでは最後になるであろうムロフェスのステージ。個人的な感想になってしまうけれど、このタイミングで見届けられて良かったと心から思う。

Organic Call

「愛おしき日々たちへ」

ムロフェス初出演とは思えない、堂々たるパフォーマンスを見せたOrganic Call。昨年は出られなくて悔しい思いをしたという。そんな想いを晴らすかのように、終始熱い演奏が繰り広げられた。ラストに披露された『愛おしき日々たちへ』では、勢いのあまりか平田(Vo./Gt.)が客席に飛び込もうとする場面も。「好きなものを信じ続けて欲しい」。MCからも、演奏からも感じられた真っ直ぐな想いが、満員のSpotify O-Crestに響いていた。

終わりに

↑もう感想はこの通りです!
そして、O-Group(+duo)で開催されるサーキットはいいですね!何がって、移動が楽。笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。