【ディスクレビュー】SOMETIME’S「CIRCLE & CIRCUS」幅広い音楽性で彩られた舞台

「CIRCLE & CIRCUS」SOMETIME’S

アルバムを通して聴いて、楽曲のバリエーション豊かさに驚いた。

SOMETIME’Sは彼らの2nd EP表題曲『Slow Dance』から入ったので、なんとなく「おしゃれなシティポップを奏でるユニット」のイメージが強かった。流れるような美しいメロディーラインに、響きを意識して綴られた英語の歌詞。ときどき日本語のセンテンスが現れることで、より楽曲の自由さと心地よさが演出されている。

もちろん、アルバムを聴いた今もそのイメージが完全に消えたわけではない。『Slow Dance』同様に、他の楽曲も英語と日本語を自由に行き来する手法が顕著だし、Vo.SOTAのスモーキーな歌声が洋楽らしさを高めている。

「Slow Dance」

一方で、アルバムのリード曲『KAGERO』はピアノとボーカルのみの構成で始まるミディアムナンバー。歌詞も日本語の割合が多く、メロディーの美しさを存分に感じられる。レゲエ要素の高い『Don’t know why』からも、SOMETIME’Sの違った一面が見られた。7月より先行配信されていた『My Love』はアップ・テンポのナンバーで、初めてSOMETIME’Sを聴いた人でも自然と体を揺らしてしまう楽曲だろう。このように、『CIRCLE & CIRCUS』ではSOMETIME’Sの幅広い音楽性が垣間見える。

ところで、アルバム中の楽曲はほとんどをGt.TAKKIが作詞、Vo.SOTAが作曲している。てっきり逆だと思っていたので、こちらも楽曲のクレジットを見て驚いた。

「KAGERO」

もう1つアルバム全体の特徴をあげるなら、音数の多い豊かなサウンドだろう。SOMETIME’Sは2人組の音楽ユニットだが、『CIRCLE & CIRCUS』にはさまざまなミュージシャンが参加し楽曲1つ1つを彩っている。まるで、演者たちが個人の特技を持ち寄って1つのサーカス(CIRCUS)を作り上げているようだ。

これだけ音数が多いとアルバムを通して聴いたら疲れてしまうのでは?と思ってしまうが、不思議とそんな感じはない。絶妙な塩梅で仕上げられたSOMETIME’Sのメジャー1stアルバム。彼らの新しい旅路に、これからも期待したい。

「CIRCLE & CIRCUS」 Digest

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です