【ディスクレビュー】ザ・モアイズユー「Storage time」日常の1曲を保存したアルバム

「Storage time」ザ・モアイズユー

何気ない一瞬一瞬が切り取られている。

2021年8月18日(水)に発売された、ザ・モアイズユーのフルアルバム『Storage time』。タイトルの「time」を象徴するように、アルバムは8月2日に先行配信された楽曲 『秒針に振れて 』で幕を開ける。ザ・モアイズユーらしい美しいメロディーラインが特徴のミディアム・ナンバーで、冒頭の時計の音も印象的だ。アルバムを華やかに彩っているのが、3曲目の 『 MUSIC!! 』。豊かなホーンセクションと弾むようなリズムが、こんな時代だからこその音楽の大切さを教えてくれる。

「すれ違い」

アルバムには既存曲『すれ違い』『悲しみが消える頃』『19』『環状線』も収録。共通して言えるのは、耳馴染みのいいメロディーラインだろう。特に 『すれ違い』 はサビのメロディーと言葉のはめ方が秀逸。Vo.本多の温かみのある歌声とともに、歌詞が心にすっと入ってくる。

大切な人との別れが綴られたナンバー 『 Afterglow 』 も、アルバムのラストを締めくくるのに相応しい。ある夏の青春、恋人との別れ、人生においての決意、そんな生きる中での「ある日の出来事」がピックアップされ、アルバムに保存(Storage)されている。1曲1曲の歌詞描写が美しくて、自然に自分の体験と重ね合わせてしまう人も多いだろう。聴けば、なんでもない日常すら愛おしいと思えてしまうアルバムだ。

「Storage time」 Trailer

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です