未経験Webライター最初の執筆!記事選びのポイント3点!

Webライターの始め方!最初の記事選びのポイント3点!

ライターとして仕事を受けようと思うけど、どの仕事に応募すればいいんだろう…

未経験からWebライターになって初めての執筆。

・どんな仕事を受ければいいの?

・そもそも仕事は取れるの?

・どうやって仕事を取ればいい?

 最初の執筆は、なかなか悩みますよね。

 

今回は私の体験談も踏まえ、Webライターの最初の仕事の取り方、どんな仕事を取ればいいかを解説します。

Webライター初心者におすすめの仕事3点!

初心者のおすすめ1:ブログ記事

ライターの仕事で特に多いのが「ブログ記事執筆」「Webサイト記事執筆」です。

未経験の方は、「ブログ記事執筆」の方が書きやすいのでおすすめです。

私はライターを始めた当初「ブログ記事執筆」と「Webサイト記事執筆」の2案件を同時に受注しています。

しかし、「Webサイト記事執筆」は途中終了してしまいました…。

途中終了した際の話はまた書こうと思うのですが、途中終了理由としては、マニュアルが厳しすぎたんですね。

もちろんクライアントにもよりますし、ブログ記事の場合もマニュアルの内容を理解して作成する必要はあります。
ただし、ブログ記事の方がある程度ゆるく書ける印象です。

初めての方は、ぜひ「ブログ記事執筆」の仕事から始めてみてください!

初心者のおすすめ2:体験談

さらに、初心者の方には「体験談執筆」をおすすめします!

私がライターとして初めて納品した記事は「旅行体験談」でした。

そもそも、ライターというと文字を書く作業がメインと思いがちですよね。

しかし、実際にライターになってみて感じたのは、一番時間を割くべき作業は「執筆前の調査」ということ。
ちまたでは、ライターの仕事は「調査8割:執筆2割」と言われているぐらいです。

ライティングをする際には、素材がないと全く書けません。
そのため、記事執筆前には本やネットで情報を収集し、読者が読みたくなるような構成を考え、記事にするのが基本の流れです。

ただし、「体験談」の場合は、自分が体験したこと自体がそのまま素材になりますよね。
つまり、新たに知識を入れたり調査をしたりといった時間が少なくて済みます!

体験談執筆は、調査の時間が少ない分、執筆に時間を割ける点がおすすめです。

初心者のおすすめ3:好きなジャンル

最後のポイントとして、未経験の方は、自分の好きなジャンルの仕事から始めましょう。

例えば、ゲームに全く興味ない方が「おすすめゲーミングマウス○選」みたいな記事を書くのは結構苦労します。

そもそも「ゲーミングマウスってどんなものがあるの?」から始まりますよね。

一方で、普段ゲームをされる方は「ゲーミングマウスの選び方」や「評判のいいゲーミングマウス」などの知識はあるでしょう。

前者と後者では、結果的に作業にかかる時間やモチベーションも変わってきます。

初心者の方は、まず自分の好きなもの興味のあるジャンルから始めてみてくださいね。

「自分の好きなものが分からない…」という方は、自分の経歴(〇〇業界、職種など)から考えてみるのもいいですよ。

仕事が取れない場合は参考記事を作ろう!

とはいえ、初心者ではなかなか仕事が取れない場合もありますよね。

仕事に応募する際、大体必須になるのが「参考記事」。

クライアントが適正を見るために、ライターは以前に作成した記事のURLなどを提出します。

しかし、未経験の場合はもちろん参考記事はありません。

なかには参考記事がなくても応募できるクライアントさんもいらっしゃいます。

ただし、せっかく自分がやりたい仕事を見つけたのに「参考記事がないから応募すらできない…」というのは悔しいですよね。

そんな方へ、参考記事がない場合は作ってしまいましょう!

参考記事の作り方

やり方は簡単です。

①書きたい記事テーマを決める(例:〇〇旅行体験談、おすすめのレストラン紹介など)

➁ネット上で同じようなテーマで書かれている記事を参考にする

③実際に書いてみる!

実際に書いてみる際は、ブログnoteなどを利用するといいでしょう。

特に、私も利用しているnoteは、無料で登録でき、記事も簡単に投稿できるのでおすすめです!

ブログやnoteを立ち上げるのが面倒…という方は、もちろん帳Wordやメモ帳でもOKですよ。

どうでしょう?出来る気がしてきませんか?

自分の好きな記事を書いて、クライアントに積極的にアピールしちゃいましょう!

まとめ

未経験webライターの最初の記事執筆について紹介しました!

 

初めてのお仕事は緊張しますが、自分が書いた記事が無事に公開されると本当に嬉しいですよ。

 

そして、1記事書いてしまえば、もうあなたは「経験者」です。

初めの1記事を参考記事とし、他の案件にもたくさん応募しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です